税理士の見分け方

会社を設立する際は税理士に相談することで、スムーズに物事が運ばれていきます。ただ、その税理士も誰でもいいというわけではありません。選ぶべき基準があるのです。税理士は旧態依然とした考えを持つ事務所が多いのですが、最近はサービス業としての税理士という捉え方をしているところも増えています。税理士も顧客目線で仕事をする時代なのです。人に接する態度や、料金についての説明、サービス業としての心構え、こういったことを基準として選べばいいでしょう。

次に、税金はなるべくなら抑えたいものです。ただ、税理士と言う仕事は節税ではなく適正な納税を行うことですから、節税に対してはやや消極的です。節税に対して、具体的なアドバイスをくれる税理士を選んでください。こうした節税対策もそうですが、やはりサービス業という意識を持っていることが重要で、これはレスポンスにしっかりと表れます。見積もりや質問に対して、どれだけはやく対応してくれるのか。こういったことも税理士を選ぶ基準となるのです。

会社設立時に税理士が果たす役割は大きなものです。各種の申請や手続き、届出など個人ではなかなか大変なことばかりです。サービス業としての税理士、この意識が徹底している税理士に依頼することで、設立後も円滑な運営ができるのです。