会社設立には税理士

例えば、脱サラをしてそれまでの経験と知識を生かし、会社を設立しようとした場合、どのような設立方法があるでしょう。まず、コストを抑えたいのなら自分で設立するという方法があります。ただこの場合、書類の作成や手続きなど、知識のないところから始めることになります。したがって、かなりの労力と時間を費やすこととなり、コストは抑えられるかもしれませんが、現実的ではありません。

そこで会社設立時にお願いしたいのが、税理士です。まずは税理士に相談することから始めましょう。事業計画書の策定はもちろん、設立後の安定運営に関しての見通しなど、会社設立前に、その会社が上手く軌道に乗れるのかをしっかりと査定してくれます。そこで見通しが立ったのなら、税理士に依頼して、許認可申請やその手続きを行い、会社設立へと動いてください。

税理士は、設立前はもちろんのこと、設立後も様々な場面で役に立ってくれます。経営上、最も重要なことの一つとして、税金の管理があります。経営者は本業に専念するのが好ましいため、こうした税務関係は税理士に任せたほうがいいでしょう。また、税理士は行政書士や社労士と比べ、その報酬は割安となっているところが多いです。継続して付き合っていくためにはコスト面でも税理士が有利なのです。